あなたの好きな人は動物占いではどのタイプになりますか?

自分のタイプと相性はどうでしょうか?気になりますよね。

たかが占い、されど占い。

当たるかは分かりませんが、結果が良ければ背中を押された気分になります。

結果が悪いなら、参考にして足りない部分を補ってみましょう。その恋は叶うかもしれませんよ。

今回、動物占いの中でも虎と羊の相性を調べてみました。

ぜひ参考にして、良い恋愛につなげて下さいね。

虎と羊の恋は実るのか?

虎と羊の相性を知るためにも、まずは互いの恋愛傾向を調べてみました。

どのように恋に落ちていくのか参考にして下さい。

結婚を見据えた付き合いをしたい虎タイプ!

動物占いで虎にあたる人は、親分肌で安心感のある人に見られているでしょう。

何かあれば、その物事が自分に扱える内容かじっくり考えて行動します。

無理ならば手は出しません。冷静な判断ができる人なのです。

自分にできる可能性があれば、最後まで手を抜かずやり通します。

しかも他の人よりできが良いので、気づくと周りから頼りにされる存在になっているでしょう。

虎自身頼りにされたいタイプだと言えます。

困った人の力になりさらに周囲の信頼を集めるでしょう。

我が強いため敵を作りやすい面がありますが、決して自ら争いません。

意志の強さから、人より何でもこなせる器量もあるので、社会的な地位を持つ人もいるでしょう。

そんな力強い虎は、恋愛も物事を観察するかのように、じっくりと構える傾向があります。

相手が結婚相手にふさわしいかどうか見極めているのです。

自分の理想に近い存在だとわかった瞬間、恋に落ちるでしょう。

交際すると独占欲が強く驚くかもしれません。

虎の束縛を好意的に感じるか、嫌気が差してしまうかが交際の分かれ道です。

交際期間は短いか長いかどちらかしかありません。

虎の信念を受け止めることができる人ならば、長続きするでしょう。

誠実さと包容力を兼ね添えた虎は、結婚すれ家庭をしっかり守るタイプだと言えます。

動物占い 相性 虎 羊
結婚願望が強い羊タイプ!

羊はその繊細さと優しさから、相手の立場に立って考えることができる、穏やかな性格の持ち主です。

対人関係には敏感で、上手く和を作り助け合うことができます。

でしゃばることは少ないです。そのため幅広い年齢層から好かれ、広く人間関係を築くことができます。

堅実に生きていきたいタイプで、多くの情報を精査し活かすことができます。

寂しがり屋という特徴も羊は持ち合わせています。

一人ぼっちは避けたいタイプです。

仲間はずれにされると不安になります。また、連絡、約束を守らない人は苦手です。

飲み会などの連絡は必ず入れてあげましょう。

流行に敏感な人や、尖った雰囲気の人は苦手です。

どちらかと言いうと、昔からある古き良きものを大切にする傾向があります。

新しくなくても、人間的な暖かさを感じられるものが好きなのです。

そんな羊は1人でいるのが苦手なので、結婚願望はかなり高いです。

自分の弱みを見せて甘えられる人を探し、一途に愛します。

自ら積極的にアピールすることはありませんが、好きな相手にはとにかく優しいのが特徴です。

相手が確実に好きだと分からなければ告白はしません。

恋愛の延長に結婚を考える人が多いので、長期間交際をするケースが目立ちます。

相手をよく知った上で、一緒に生きる決意をするのです。

家庭を安定させるのが目標になる人が多いため、結婚後は家族を大切にする傾向が強いでしょう。

動物占い 相性 虎 羊
虎と羊は良い家庭を作れそう!

寂しがり屋の羊を、虎が持ち前の包容力で包み込んでくれるので、相性は良さそうです。

羊の優しさが虎の心に響く可能性が高いです。

家庭を大切に考えるのは虎も羊も一緒なため、結婚後の方針をしっかり練れば安心でしょう。

互いの意見を上手く合致させ、温かな家庭を作りあげていけそうな仲だと言えます。

注意点は、交際初めの互いの温度差です。

羊は交際を通して結婚できるか見通しを立てています。

対して虎は好きになった時から将来を意識しているため、そのズレが気になるところです。

虎は自分の考えに自身を持っています。

結婚願望を強く押し付けてしまうと、検討中の羊は逃げ出したくなるかもしれません。

コミュニケーションを疎かにせず、将来の意見交換ができれば素敵な結婚生活を送れそうです。

スポンサードリンク

まとめ

甘えたい寂しがり屋の羊と、面倒見の良い虎は相性が良いのではないのでしょうか?
羊は相手の立場になって物事を考えられるので、虎の意見を客観的に捉えることができます。
虎の意志の強さを認め、信頼関係が構築されれば、強い絆が生まれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク