動物占いを見ていると、面白い結果が出ていることに気付きます。

虎とこじかの相性ですが、恋愛をするには相性がバツグンなのに、結婚には不向きなのです。

恋人から発展しにくいのはなぜなのでしょうか。

その理由を調べてみました。

虎とこじかに足りない要素は何?

虎とこじかはなぜ結婚に向かないのでしょうか?

その理由を紐解くために、こじかの恋愛傾向を見ていきたいと思います。

こじかタイプはどんな恋愛をするの?

こじかは愛されタイプの典型です。

狭く深く人付き合いをする人が多く、仲良くなった人には深い思いやりと優しさがあります。

気配り上手で争いごとは好みません。

仲が深まるほどこじかはわがままになっていきます。

ですが、相手がそのわがままに目を潰れるくらい、こじかは優しいのです。

素朴で飾り気がなく、そのままの姿で愛されることができる人なのです。

こじかは恋愛となると、相手の性格をよく見ています。

外見ではなく中身に惹かれるタイプです。

好きな相手にはわががまになり、甘えるでしょう。

わがままを言うのは信頼をしている証拠なのですが、あまりに激しいと相手と諍いになることがあります。

基本的には一途です。

惚れ込んだ相手を裏切りません。

ですが、周りから強くアタックされると気持ちが揺れる時があります。

気をつけましょう。

結婚に対しては、機会があればしようかなといった雰囲気です。

その考えとは裏腹に、短期間で結婚することが多いのがこのタイプ。

早婚の人が多いでしょう。 結婚後は友達同士のような夫婦を理想に描いています。

子どもにも友達のような感覚で接しますが、しつけは厳しいです。

子どもを危険から守ろうと手を貸してしまいがちなので、適度な干渉をするように心がけて下さい。

安心感がある家庭を築くことを望んでいます。

動物占い 相性 虎 こじか

虎とこじかが付き合うとどんな感じになるの?

では、実際に2人が交際をすると。

どんな様子になるのでしょうか。

こじかはいつまでも子どものような無邪気さを抱えています。

困ったときには必ず助けてくれて、自分のわがままを受け止め、望みを叶えてくれる人と相性が良いでしょう。

虎はどんなときでも悠々とかまえ、動じることはありません。

物事を冷静に大局的に見ることができるので、様々な人から頼りにされるタイプです。

困った人は見捨てず、手を差し伸べる優しさもあることからこじかとの相性は良好です。

どこか大人の雰囲気を持ち、保護者のような安心感のある虎に、こじかは存分に甘えることができるでしょう。

付き合い始めは、虎の世話好きな性格を満足させるベストパートナーのような雰囲気になります。

ですが冷静に物事を考える虎は、こじかの幼い気質やわがままぶりは結婚に適さないと思うようになります。

虎は結婚を見据えた付き合いを好む傾向があります。

そのため、結婚対象でなくなった瞬間、付き合い続ける意味が見いだせなくなり別れることが多いのです。

恋愛から結婚へと進むためには、こじかのわがままを含めた無邪気さを受け止める度量が必要です。

虎は度量はありますが、考え方を曲げない頑固さが邪魔をします。

自分の考えが正しいと信じているので、理想から外れたこじかをおおらかな気持ちで見守ることができるかが、ポイントになるでしょう。

動物占い 相性 虎 こじか

こじかも虎の懐の深さに甘えすぎないことが大切です。

やりたい放題が過ぎれば、せっかく実った恋は終わりを迎えてしまいます。

虎に甘えすぎず、自制することができれば、交際を続けられるでしょう。

また虎の理想や信念を尊重し、プライドを傷つけないように気をつけましょう。

こじかも虎も、自身の態度や気持ちを大切にするあまり、すれ違いが起こる可能性があります。

相手の立場になって考えることで、結婚へと結びつくかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

虎とこじかは、ひと時の恋愛をするには相性がばっちりだと分かりました。 両思いになった後、虎が自分の理想の結婚に見合う人か悩んでしまうため、別れてしまうケースが多いようです。 動物占いの結果は良くありませんが、なぜそうなるのか分析をし、交際に役立てて下さい。 占いを覆して、幸せな結婚をつかみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク