動物占いでチーターとなったら向いているのはどんな仕事なのか調べてみました。

占いの適職を参考にして見るのも自分探しになりそうですよね。

タイプ別の適職とは

チーターをさらに細かい分類に分けて適職を考えてみましょう。

同じチーターでもより自分に近い結果になると思います。

始めは「長距離ランナータイプ」をみてみます。

几帳面で分析力がある性格をしているので、向いている仕事は政治家や大学教授などです。

他にもスポーツ選手や俳優など芸能界にも活躍できる可能性があるようですね。

全力疾走するタイプ」の人はきちんとしたい真面目な性格と言われます。

適職は学者ファッションデザイナー外資系企業やマスコミなどです。

スケールの大きな仕事にやりがいを感じて大活躍できそうです。

足腰の強いチーター」の人は、社交性に優れています。

人の下にいるよりも独立して力を発揮できるのではないでしょうか。

適職としては開業医企業コンサルタント不動産や金融業が良いそうです。

品格のあるチーター」の人は負けることが嫌いな人。

どんな仕事でも順応できるので前向きに取り組めば成果が出そうです。

その中でも適職なのは弁護士政治家開業医自営業などの経営者がよさそうです。

動物占い チーター 適職

タイプ別の不適職とは

長距離ランナータイプ」は警察官、自衛官や弁護士など警戒心が必要で口が堅いことが必要な仕事はあまり向いてないようです。

全力疾走するタイプ」は、土木や建築関係の仕事と教員や自衛官などにも向いてないようです。

古いルールがあったり、束縛される環境では自分の実力が出せないようです。

自由な発想が求められる仕事を探してみるのが良いでしょう。

足腰の強いチーター」は公務員や警察官、行政書士やプログラマーには向きません。

長期的に進めることが必要な仕事は避けたほうが良いそうです。

品格のあるチーター」は商社やゼネコンは向いてないようです。

仕事において好き嫌いで人と接してしまう態度や、地位や権力のある人かどうか判断し相手を選ぶ傾向がありそうなので注意が必要です。

スポンサードリンク

まとめ

同じチーターでも○○タイプのチーターだということがわかっていれば、より自分に近い結果を見ることができます。占いの結果を参考にして仕事があっているのか考えるのも悪くないと感じました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク