今回は、動物占いでのひつじ同士の相性について調べてみました。

動物占い上で、同じ動物同士はとても相性が良い場合が多くあります。

ひつじの場合はどうなのでしょうか?

寂しがり屋な性質を持っている者同士、とても相性がよく出ているのではないでしょうか?

まずひつじ同士の相性が良いところと悪いところをまとめた上で、ひつじ同士の総合的な相性についてまとめます。

ひつじ同士の相性が良いところ

ひつじタイプの人は、とても寂しがりやで1人でいることが大嫌いです。

そのため、自分と同じように孤独を嫌う相手とはずっと一緒にいられるので、とても安心できます。

ひつじ同士は、とても良い話し相手にもなります。

自分と同じ考え方を持っている相手だと、きちんと自分の気持ちをこまめに相手に伝えることもでき、しっかりとお互いの愛情を確認することができる良い関係を築くことができます。

このような理由からひつじは自分と同じような性質を持っている人ほど好きになるので、ひつじ同士の相性は良い方です。

動物占い 相性 ひつじ 同士

ひつじ同士の相性の悪いところ

ひつじは一見穏やかそうに見えて、人の好き嫌いがはっきりしていたり、口には出さなくても相手に不満を持っていることがあります。

人と争うことが苦手なので、あまり他の人の前で感情的になることはありませんが、一度我慢できなくなってしまうと相手に自分の思いを真っ向からぶつけてしまい、けんかに発展してしまうこともあります。

そして、ひつじはとても頑固な一面も持っているので、ひつじタイプの人同士で一緒に長い時間過ごしていると、お互いの頑固さにストレスを感じて喧嘩してしまうこともあります。

結果的にひつじタイプの人同士が喧嘩をすると、相手の頑固さと同様に自分の頑固さも思い知る…ということになってしまう関係です。

スポンサードリンク

まとめ

今回調べたことで、ひつじ同士の相性は、格別良くはないけれど、悪くもないということが分かりました。

相性の悪いところの部分で、相手と喧嘩をすると自分の頑固さも思い知る、と書いていますが、よく言えば喧嘩を通して自分の頑固さを反省し、成長していくことができる関係です。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク