1999年頃に流行した、動物占い。12の動物キャラクターの1つに分類され、性格診断から相性診断、恋愛診断まで様々な占いが出来ました。

そんな、動物占いが近年パワーアップしてかえってきました。

今回は、パワーアップした動物占いのオレンジのひつじの人物像について調べてみたいと思います。

そもそも動物占いってなに?

動物占いとは、性格や運勢を、占う人の生年月日から導き出して、12種類の動物のキャラクター(猿、チーター、黒豹、ライオン、ゾウ、ペガサス、ひつじ、虎、たぬき、コアラ、狼、こじか)に分類する占いです。

ここで診断されたキャラクターは、様々な占いの基本となるので重要になります!

アニマルカラーについて

現在の動物占いの1つとしてあげられるのがアニマルカラー。

アニマルカラーとは、基本となる12の動物キャラを更にカラー別に分類し、詳しく解説するものです。

その数なんと60分類

昔の動物占いでは知りえなかった細かいところまで分析してくれるんです。

カラーは動物ごとに割り当てられており、チーター、ペガサス、ライオン、ゾウ、こじか、たぬきは4色(シルバー、ゴールド、グリーン、イエロー)に、猿、狼、コアラ、虎、ひつじ、黒豹は6色(ブラック、ブラウン、パープル、オレンジ、ブルー、レッド)に分かれています。

動物占い ひつじ オレンジ

オレンジのひつじの特徴とは?

では、オレンジのひつじとは一体どのような特徴がある人物なのでしょうか。

それはズバリ、“人を納得させる交渉の達人”です!

オレンジのひつじの方は、基本的にはおっとりとしていて人当たりが良い印象がありますが、同時に、頭脳明晰な面も持ち合わせているため、変幻自在な対応力があります。

そのため、人々を納得させる交渉術に長けており、チャンスを掴むことがとても上手なのです。

スポンサードリンク

まとめ

調べてみると、オレンジのひつじの方は、営業や先生などの職業が向いていそうな人物像であることがわかりました。また、庶民的な一方で、色気も漂わせているので、とても魅力的な方に違いありませんね!

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク