動物占いの中で、同じ属性同士はどうなのでしょうか??

今回は同じ属性同士の相性について調べてみることにしました。

まずは猿の性格について調べてみました。

猿は、好奇心が強く、ケンカとか強いと思われがちですが、実は上下関係には忠実に守り、団体行動をきっちり守るとされている動物です。

そんな猿タイプの人は、誰とでも打ち解ける能力を持っており、誰に対しても優しい性格の持ち主とされています。

しかし嫌いになってしまうと本能的に拒否反応をしめしてしまい、威嚇してしまう恐れもあります。

母性本能は強く、女性は結婚して出産すると子煩悩な一面を魅せてくれるので母親向きなタイプとされています。

仕事面に関しても、上司のいう事は忠実に守ることが多いため、仕事に対しての意欲は他の動物タイプとはかけ離れて優れているとされています。

動物占い 相性 猿 猿

猿と猿の相性は?

同類同士の相性とはどんな感じなのか調べてみました。

猿同士だからお互い同じ意見や感情の持ち主だから、相性もばっちりと思いがちですが、動物でも猿は同じ内縁通しでしか群れにならず、細かい環境や性格に他人通しではついていけない傾向な所があります。

ですので、同じ同類だからと言って相性ばっちりとは言えません。

お互いの意見がぶつかり合いケンカにも繋がってしまいます。

相思相愛とは程遠い関係といっていいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

同類の性格の持ち主だから、相性もばっちり、意気投合できる関係なのかと思っていましたが、そうではないのですね。でも諦めてはいけません。よくを考えれば性格が同じ考えなら他のタイプの動物とはまた違い、相思相愛度がかけ離れてよくなる可能性があると思います。他のタイプだと何かと食い違いが出てくる確率は高いですが、同じ性格の持ち主通しだったら食い違うことも同じ、意見も同じ、長い目で考えると同じ意見の持ち主の方が何も伝えなくても理解し合える通しと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク